漁師が語る噴火湾産鮮魚の魅力

日本で唯一2つの海に囲まれ、豊富な海の幸が楽しめる北海道八雲町。そんな八雲町の太平洋側には、「魚の宝石箱」とも呼ばれる噴火湾があり、そこは多種多様で美味しい魚たちの宝庫です。

今回は、そんな八雲町噴火湾の新鮮な魚介を消費者に届けている漁師、舘岡夫妻に登場していただきます!美味しい魚のさばき方から漁業に込める想い、さらにはキャリアの話まで、現役漁師が存分に語ります~!

<生産者紹介>
噴火湾鮮魚卸龍神丸 舘岡勇樹さんと舘岡志保さん。
八雲出身で漁師一家の勇樹さんと、東京出身で元看護師の志保さん。噴火湾にて漁師を営むお二人は、「持続可能な漁業により、新鮮で安心安全な魚介を消費者に届けたい」という想いのもと、漁だけでなく加工や直販、情報発信から海の清掃までさまざまな活動をおこなっておられます。

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。